Acety[FAQ]

Acety FAQ

“アセチ”は何から作られていますか?
主原料は酢酸綿です。また酢酸綿は綿花や木材パルプから作られています。
繊維素系プラスチックと一般プラスチックとの違いは?
一般のプラスチックはその殆どが石油を原料としており、アセチなどの繊維素系プラスチックは木材パルプや綿花を主原料に作られています。
なぜアセチはメガネフレームに良いのでしょうか?
いくつかの理由があります。
・ブロック製法により多彩な色柄を表現できる。
木材の様に切削加工性が良く、いろいろな形に加工し易い。
艶出しが容易。
縮もうとする性質があり、レンズを抱き込む。
繊維素材料ということで若干の吸湿性があり、肌に心地よい。
形を変えることが簡単で、フィッティングが用意。
など、アセチを超えるフレーム材料はありません。
アセチは他社のシートに比べて硬いと感じますが?
種類にもよりますが、若干硬めに製造されています。そのためアセチロイドのメガネフレームはフィッティング後も形がくずれにくいと言われています。
特注柄を注文できますか?
ご注文量などによります。弊社および販売会社にご相談下さい。
貼り合せシートとは何ですか?
当社では3種のアセチシートを持っており、それぞれを張り合わす事で、より複雑でデザイン性の高いシートができます。このシートが製造できるのは世界でも数社しかないと言われています。
新柄はどういうタイミングで発表されますか?
基本的には春秋の年2回、新色を発表しています。メガネフレームは今やファッションアイテムのひとつとなり、多彩な色柄が要求されています。当社では専任の開発スタッフを抱え、日々新しいデザインを開発しております。詳しくは当ホームページをご参考下さい。

テンプル用の射出成型材料はありますか?
押出しシートの原料でもあるアセチレジンも販売しております。お問い合わせ下さい。

セル枠とは何ですか?
プラスチックフレームの総称として使われるケースがありますが、本来セル枠とはセルロイドで作られたメガネフレームを指します。アセチ製のメガネフレームは、一般にはアセテートフレームと呼ばれています。

セルロイドのメガネフレームの特徴は何ですか?
今でこそアセテートが主流ですが、国内では昔からセルロイドのメガネフレームが作られています。変形が少なくシートに腰があり、テンプル部の芯材が不必要で、セルロイド本来の美しい色柄を生かしたフレームが出来ます。またアセテートに比べ細いフレームも可能です。
セルロイドとアセチは何が違いますか?
セルロイドの主原料は硝化綿でアセチは酢酸綿です。セルロイドはブロック製法のみで他の製法はありません。またセルロイドは危険物第5類に指定されており、保管についても危険物倉庫での保管が義務付けられております。詳しくはセルロイド安全取扱いマニュアルをご覧下さい。